教育活動 愛知県立岡崎北高等学校

教育目標

令和2年度学校経営方針

1 本校の教育目標(本校のミッション)

 本校の地域社会における期待と責任を認識し、「高い知性と豊かな情操、たくましい気力・体力の養成」を図り、もって国家・社会の有為な形成者を育成する。そのため、以下の四点を重視して魅力と活力のある学校にする。
(1)強い目的意識の喚起と旺盛な学習意欲の育成

(2)礼節と社会規範の重視

(3)強健な心身の育成と体力の向上
 
(4)母校愛と誇りの高揚

2 本校が目指す学校像(本校のビジョン)
 「教育は自分の人生を変える」との共通理解のもと、次のような資質を備えて将来の社会を支えていく生徒の育成を目指す。
(1)
学習活動・部活動・学校行事などに意欲をもって取り組める生徒
  (高い志をもって「三兎を追う」)

(2)
小さな努力を着実に積み重ねることのできる生徒
  (規則正しい生活を心がけ、日々真面目に行動する)
(3)ルール・マナーを大切にして品格・品性を備えた生徒
  (一人一人が学校の代表としての自覚をもつ)
3 本年度の重点目標
 地域社会における期待と責任を認識し、全職員が一致協力して、変化する教育環境に主体的に対応し、「学力プラスαの教育」を目指す。
(1) 体験的、課題探究的な学習を積極的に取り入れ、生徒が主体的に学習に取り組む態度を養うとともに、面談等を通して生徒の高い志を育み、個々の進路目標の実現を図る。
(2) 学習活動に加えて、部活動や学校行事などにも、生徒が意欲をもって取り組んでいけるようにして人間力の向上を図る。
(3) 教育活動全体を通して、生徒に社会や集団の一員としての礼節と社会規範の自覚を促し、品格や品性を大切にする心や思いやりの心を育てる。
(4) 学校を取り巻く状況が変化する中で、生徒の現状を正しく把握した上で、より適切で効果的な指導の在り方を職員が共有していくように努める。

(5) 職員が常に元気な姿で生徒の前に立てるように、業務の在り方を議論することにより学校全体で質の高い教育活動を展開する。

記念碑

このページのTOPへ