校長あいさつ 愛知県立岡崎北高等学校

校長あいさつ

校長挨拶「これからの北高」

 

令和2年4月1日  校長 坪 井 基 紀

 本校ホームページをご覧いただきありがとうございます。
 本校は創立113年を刻む伝統ある高等学校です。「高い知性と豊かな情操、たくましい気力・体力の養成」を図り、もって国家・社会の有為な形成者を育成することを教育目標に掲げて教育活動を行っています。また、「教育は自分の人生を変える」との共通理解のもと、次のような資質を備えて将来の社会を支えていく生徒の育成を目指しています。
  (1) 学習活動・部活動・学校行事などに意欲をもって取り組める生徒
    (高い志をもって「三兎を追う」)
  (2) 小さな努力を着実に積み重ねることのできる生徒
    (規則正しい生活を心がけ、日々真面目に行動する)
  (3) ルール・マナーを大切にして品格・品性を備えた生徒
    (一人一人が学校の代表としての自覚をもつ)

 これからの本校の方向性としては次の2つを考えています。
    @グローバル人材を育成する不断の授業改善 
    A理数人材を育成する環境整備
 まずは学習の中で主体的・協働的な問題発見や解決の場面を経験することによって、思考力・判断力・表現力を磨いていきます。また、身に付けた個別の知識や技能も、そうした学習経験の中で活用することにより定着させます。そして、私たち教員は本校生徒の育成のために、問題発見・解決を念頭に置いた深い学びの過程が実現できているかどうかという視点に立ち、新しい時代にふさわしい、グローバル人材の育成を念頭に置いた「指導方法の不断の見直し」を行っていきたいと考えています。
 
 次に、理数人材の育成です。本校ではコスモサイエンスコースを中心に、実験や実習を通した理数科目の充実、研究施設や大学訪問による科学技術の体験的な学びの充実等に努めてきました。令和4年度から新設する「理数科」では、これまでの実績を踏まえ、探究活動の充実などを通して理数教育のさらなる充実を図り、理系大学への進学を経て、理数工学系人材や、国際社会で活躍できる科学技術開発を担う人材、理数分野において新たな価値を創造できる人材等の育成を図っていきます。

 地域社会における期待と責任を認識し、全職員が一致協力して、変化する教育環境に主体的に対応し、「学力プラスαの教育」を目指してまいります。今年度も本校への御支援、御協力をよろしくお願いいたします。

このページのTOPへ